image
さとう歯科・矯正歯科医院トップページへもどる
大分市南にあります さとう歯科・矯正歯科です
一般的な歯科治療はもちろん 矯正歯科に力を入れ
快適な毎日を応援します
電話:097-522-3015・完全予約制・駐車場完備
患者さんの声
space さとう歯科・矯正歯科医院で矯正治療を受けられた患者さんの声です
これから矯正をお考えの方のために大変参考になる内容です
トップページ 診療案内 患者さんの声 治療案内 矯正歯科 治療の流れ 自由診療の料金 カムカムクラブ ニュース 相談フォーム 設備のご案内
さとう歯科・矯正歯科医院では随時スタッフを募集しております
【求人情報】
さとう歯科・矯正歯科医院では
随時スタッフを募集しております
条件等くわしくはこちら>>

さとう歯科医院

さとう歯科医院外観
大分市南にあります、さとう歯科・矯正歯科医院です。
正しい噛み合わせは健康と美の第一歩です。矯正歯科や噛み合わせ治療で健やかな毎日をサポートします。
space

所在地・電話番号

大分県
大分県大分市南2-1
>>詳しい地図・Google Map
097-522-3015
space

診療時間

月・火・水・金曜日
 9:00〜19:00

木曜日
 9:00〜13:00
土曜日
 9:00〜17:00
space

休診日

・日曜日・祝日
space

診療科目

・一般歯科
・矯正歯科
・小児歯科
・テンプレート療法

患者さんの声・5
患者さんの声 1 2 3 4 5 6 7

I.R様 女性 中学生

娘が小5の時に「きれいな歯並びになりたいから矯正がしたい」と私に訴えてきました。
自分から進んできれいな歯並びになりたいと言い出した訳は、私譲りで上の真ん中の前歯2本が大きくて前に出ているので、ビーバーちゃんと仲良しに言われることで歯並びが気になったようでした。
 実際、私自信も歯並びが悪いことが長年のコンプレックスでしたし、こどもの頃に矯正治療ができていたらという思いがあり、娘の気持ちが理解できます。
歯列矯正については知識もありませんが、費用と時間がかかるということが1番の心配でした。
以前、歯をきれいに並べる為に健康な永久歯を抜いて矯正をするという話をきいたことがあり、先ずはインターネットで歯列矯正について調べてみました。
一口に歯列矯正と言っても様々な装置を使用した治療があり、その治療を行う歯科クリニックもたくさんありました。
その中でも、顎を拡げて歯を並べる床矯正というものがありましたが、『健康な歯を抜かない矯正』が第一希望なので、その治療に惹かれました。
色々と調べていると、床矯正を行っているという事をさとう歯科・矯正歯科医院のホームページで拝見して知り、床矯正のパンフレット等があれば一度見てみたいと思いましてさとう歯科・矯正歯科医院に行きました。
突然行ってお願いしたのですが、診察室から佐藤先生が待合室に出てきて笑顔で説明をしてくださり、私が不安に思っていることに対してとても丁寧に答えてくださいました。そして床矯正ハンドブックを頂きました。
 早速家に帰り娘と床矯正についてメリットやデメリットについてよく話し合いました。
きれいな歯並びになりたいという気持ちが強く、途中で絶対にやめないと言うので床矯正を始めることに決めて佐藤先生に床矯正をお願いしました。
矯正治療開始にあたり検査をして、歯型をとり、虫歯の治療を済ませて、出来上がったに矯正装置を小5の年末に装着しました。
床矯正装置を口の中に入れ、歯に装着したら最初はやはり違和感があり、しゃべりにくいと言っていましたが、すぐに慣れました。
床矯正の装置は取り外しができる上下別々のもので、上の歯と下の歯に装着します。
学校から帰ってきたら矯正装置をはめて、夕食の時には取り外し、食後にまた装着して、寝る前の歯磨きをする際はずして、またはめて眠って、翌朝朝食時に取り外して学校に行くという風にはめたり、はずしたりをくり返しながら1日12時間以上の装着を目標にしていました。
取りはずせることがメリットであり、またそれが紛失のリスクでもありました。
失くしたり、壊したりしたら大変なので、とにかく大切に扱う事と洗浄等のケアをきちんとすることを娘に言い聞かせました。
学校が終わって友達の家に遊びに行く時にもおやつを食べたりすることが多いのでケースを持って行き、はずした時には必ずケースに入れる事を約束させました。
本人も気をつけていたので、壊したり失くしたりすることもありませんでした。
定期的に装置のネジを巻かなければならないので、これは私が担当しました。
矯正中に修学旅行に行ったり、風邪をひき熱を出して寝込んだりしましたが、このような時には矯正装置をつけずに過ごし、一旦ネジを巻き戻してから再び装着しました。
矯正を始めたら何が何でも毎日装置を装着しなければいけないということはありません。
矯正装置を学校につけていかないので、先生や友達も矯正をしていることにあまり気付かれませんでした。
装置の装着を開始して、ネジを巻いていくと歯が少しずつ動いていき、治療途中で上の真ん中の前歯2本の間に隙間ができ、このあきらかな隙間はどうなるのかと思いました。
友達からもその隙間について「前歯の隙間が開いてきたけどどうしたの?」と聞かれたそうです。
これは顎が拡がったことでできた隙間で、このことは重なり合っていた歯が並ぶスペースができたという嬉しい変化でした。
床矯正装置の調整と歯のメンテナンスの為に2週間に1度通院していましたが、虫歯のチェックや歯のクリーニング、歯磨き指導をしていただけるので、娘の口の健康にとってはよいことばかりでした。
小学生の間はカムカムクラブに入会していたので、お口の健康ノートに診察記録が残り、今もその記録を見ながら治療過程を振り返っています。
 小6の2月からはワイヤー矯正に進みました。
ワイヤー矯正は歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく矯正です。
最初は目立つからワイヤーは嫌だと言っていましたが、心配していたほどは目立たなかったです。
食事の時にはどうしても食べたものがワイヤーに挟まったりしましたが、だんだんと慣れてきて、自分で対処していました。
ワイヤーに変わってからは取りはずしや装着時間の管理や装置の洗浄やネジを巻く等の手間がなくなり、装置の紛失の心配をしなくてよくなり、手間や心配がなくなりました。
歯磨きはより丁寧にブラッシングするようにご指導いただきました。
 ワイヤー治療に移行してからはよりいっそう歯がきれいに並んでいきました。
本人も鏡を見てはきれいに並んだ自分の歯に満面の笑みでした。
きれいに歯が並んだので中1の夏休みには次の段階に移りました。
矯正で動かした歯は、放っておくと必ず元に戻ろうとします。そのため、矯正が終わった後には歯の後戻りを防ぐために「保定」というものを行わなくてはなりません。
きれいな歯並びを保つために今度は歯の裏側にワイヤーやブランケットを取りつけました。
装置を全て歯の裏側に付けるので、表からは矯正をしていることがほとんどわからないし、口の中をのぞかれないかぎりワイヤーは見えません。
また、食べ物も挟まらなくなり快適だと喜んでいます。
まだ矯正中ですが、見た目にもわからないし、本人も装着いている違和感がないので矯正をしているということを特別意識せずに中学校での生活を楽しんでいます。
私がフルタイムで仕事をしていることもあり、定期的な通院や安くはない矯正治療の費用や期間の長さを考えた時に、矯正治療はしたいけれど無理かも・・・と諦めかけたこともありましたが、いざ初めてみると親が悩むほどの負担はなく、娘とふたりで行き帰りの車の中でのおしゃべりも楽しくできました。
佐藤先生はいつも丁寧に治療と説明をしてくださいましたので心の通う治療ができたことに大変感謝しています。
またスタッフの方にもよくしていただき大変お世話になりました。
今は観察期間なので数ヶ月に1度の通院をしています。
きれいな歯並びは娘の宝物です。
笑顔も素敵になり、親子で喜んでいます。
思い切って矯正を始めて本当によかったです。
ありがとうございました。

40代からの挑戦
(E.R様 女性 40代)

若い頃から歯並びが気なっていましたが料金や時間、周りの人達の反対などがあり矯正できませんでした。
40代になり人生の折り返し地点に立ち、もっと自分に自信を持ちたいと思いました。実際に診察を受けて正常な歯を4本抜歯することがネックになっていましたが、極力抜歯しない矯正を知り決断しました。
時間や手間はかかりましたが、今はとても満足しています。反対していた人達も、今の状態を見て矯正を理解してくれました。
せっかく矯正をして手に入れた歯をこれからもっと大事にして、何歳になっても素敵な笑顔でいたいと思います。
年齢に関係なく挑戦する価値のある治療だと思います。

患者さんの声 1 2 3 4 5 6 7

さとう歯科・矯正歯科医院の矯正歯科>>
床矯正についてくわしく>>
気になります!子供の歯並び>>
▲このページのトップ
トップページ診療案内患者さんの声治療案内矯正歯科治療の流れ自由診療の料金
カムカムクラブ
ニュース相談フォーム設備のご案内個人情報保護方針/免責事項
さとう歯科・矯正歯科医院
〒870-0117 大分県大分市南2-1 >>詳しい地図・Google Map
TEL/FAX:097-522-3015
E-mail:ktsr.310h@gmail.com
予約制・駐車場完備
Copyright (C) SATO DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
image